イメージを変える漢字のマジックと自分を不幸にしない13の習慣

マインド
仏教マーケティング的こころ:人間関係編

思いのままに、ビジネスや人間関係に関する気づきや経験等を、徒然(つれづれ)に書き綴っていきます。名付けて「エッセー・仏教マーケティング的こころ」。

今回のテーマは、イメージ

恋人のイメージ、友人のイメージ、家族のイメージ、上司のイメージ、同僚のイメージ、そして、自分のイメージ…。さてあなたは、それぞれにどんなイメージをもっていますか?!

スポンサーリンク




イメージを変える

「人相が悪い!」「愛想が悪い・・・」「無口だ・・・」「いつも元気だ!」「いつもにこにこしている!」等々。人それぞれにイメージってありますよね。

「決定心」というテーマで、イメージを変える漢字にフォーカスした気づきについてご紹介しました。これです。⇒「吐くから叶うへ!」

いかがだったでしょうか?!弱音を「吐く」ことなく、自分を高めていって+(プラス)」イメージで夢を叶えていきましょう、というメッセージでしたね。

なので、冒頭で書いた、

「愛想が悪い…」
「無口だ…」

的なイメージもその人のいい面を探し出して、

「愛想が悪い・・・」けど「頭がいい!」
「無口だ・・・」けど「真面目で親切だ!」

のようなイメージに変えていければ、お互いの人間関係もきっと、円満になっていくと思うのです。そう思いませんか?

「吐く」⇒「叶う」

これは「夢が叶う漢字のマジック」です!

 

インストール!インストール!インストール!

前項で、イメージの話をしました。漢字のマジックを使って、マイナスイメージをプラスのイメージにかえてみましょうと。

そこで、さらにイメージについて検証してみたいと思います。次の質問に応えてください。

(1)「自分は絶対成功する人間だ!」
(2)「自分は何をやっても、ダメな人間だ・・・」

直感で、自分のことを(1)、(2)のどちらでイメージしてますか?!


はい、では検証してみましょう!

もしもあなたが、(1)のイメージを毎日思い込み、唱え続けていたら…、きっとイメージ通りの成功をすることでしょう。

もしもあなたが、(2)のイメージを毎日思い込み、つぶやき続けていたら、きっとイメージ通りの失敗を繰り返すでしょう。という事らしいのですが…。

この件についてダイレクト出版社長の小川忠洋さんが、こんなことを言ってます。

覚えておこう。何をするときにも、ビジネスでも、プライベートでも、人間関係でも、何でも。自分のコントロールできる事にフォーカスする事。

あなたは自分の考え方や、価値観、習慣、などすべてコントロールできる。そこを変える事で、あなたの世界は瞬時にかわるだろう。

「要は、成功イメージを思いっきり、思い込むということ」だということです。
これをできるかどうかが、成功する人と、失敗する人の分岐点だと…。

なので、あなたが今すぐに実行すべきことは、
「成功イメージを脳にインストールしよう!」
という事になります!

ここに、前述の小川さんの著書で「心理学史上最大の発見」と言われ、全世界で3000万人以上に大きな影響を与えてきた、ドクターモルツのサイコサイバネティクスを紹介した本があります。

「なんとか自分を変えたい」と思っても、いつもうまく行かない人へ『自分を不幸にしない13の習慣』を教えてくれる本です。

よかったら、いますぐ、読んでみてください!

 

 

スポンサーリンク




コメント