笑顔は効果抜群のコミュニケーションツール!驚きの笑顔の秘密とは

メンタル

いつも一人でいることが多い、対人関係が苦手で人とコミュニケーションをとりづらい…、など人間関係で悩んでいませんか?

いくら口数が少なくても…、人と話すことが苦手でも…、これさえできればコミュニケーションはできるというくらいに効果抜群のツールがあリます。

ズバリ、それは

「笑顔」!

笑顔はその気になれば、誰でも、いつでもできますよね!

では、効果抜群のコミュニケーションツールと言われている「笑顔の秘密」に迫ってみましょう。

スポンサーリンク




人間関係の構築に効果抜群な「笑顔」実は仏様も説いていた!

人間関係やコミュニケーションを円滑にする、この笑顔の効果ですが、実は仏教においても「和顔施(わがんせ)」といって、人に笑いを施す行為は自他ともに功徳を得ると教えてくれています。

仏様も「お金のかからない大切なお布施」として、教えてくれているのです!
参考サイト:仏教の和顔施(わがんせ)は人間関係に効果的な無財の七施

あなたの職場での人間関係がうまくいかない理由…

あなたの職場には、笑顔の素敵な、またはユーモアがあって、笑顔の絶えない人はいませんか。

仮に職場にいないとしても、きっとあなたのまわりのどこかに、必ずそのような人が存在します。

もし誰もいないのなら、あなたの職場に活気が無く不機嫌な理由も、あなたが職場になじめないと感じている理由も、原因はそこにあるのではないのでしょうか!

なぜなら、笑いは人を引き寄せ、その場の雰囲気を明るくし、笑いの提供者のみならず、笑う側へもエネルギーを満たしてくれるからです。

その真理は万国共通で、いろんな学問で実証されています!

スポンサーリンク




笑顔の効果を実証する学問やエピソード

電車の中や街中で、後ろ向きに抱っこされている赤ちゃんがニッコリ笑うと、こっちまでつられて顔がほころんだ経験はありませんか…?!

このように、表情分析学においては笑顔は伝染し、笑顔は人をひきつけ、笑顔は明るい話題にさせ、笑顔は若く見えると言っています。

一方免疫学においても、笑いは免疫力をたかめる効果があるようで、ここに面白い検証報告があります。

糖尿病をもつ患者さんたちに、一方ではお医者さんの堅苦しい糖尿病の講義を、また一方では、吉本のお笑い芸人を招いて漫才をしてもらったそうです。

するとどうなったかというと、その後の血圧や、血糖値をはかったら漫才を聞いて笑った後のほうが圧倒的に血圧も正常に近く、血糖値も下がったという検証結果が出たというのです。

上記の検証結果は、「笑う」という行為が健康増進やアンチエイジング、さらには癌細胞の消失にも効果ありと脚光を浴びている中、ビフォー・アフターを如実に示した一例と言っても過言では無いと思いますが、いかがでしょうか!

自ら笑顔を振りまく笑顔の達人になる!

愛嬌がなく、しかめ面をしていても、誰も近寄って来てはくれません…。

いつも明るい笑顔で、まわりの人に対して爽やかな風が送れるような生活を送りたいものです。

職場も出勤してただ働くところではなく、楽しく働き甲斐のある、快活な場所でなくてはならないと私自身思っています。

「笑顔」三文の徳があります!
「笑顔」には、人間関係を円満にするパワーがあります!

その為にも、人の笑顔を求める前に、まずは自分から笑顔を振りまく「笑顔の達人」を目指しましょう。

笑顔の達人の先にあるものは、笑顔を与えられる人になることです!

人に笑顔を振り向けられる「ユーモアスキル」を身につけませんか?

ユーモアスキルの詳細はコチラ!

 

 

スポンサーリンク




コメント