仏教マーケティングはあなたの未来を救う!

【有り難うございます!】は仏教発の感謝の言葉!

有り難うございます!
仏教マーケティング・アドバイザーのコージリです。

星の数ほどあるインターネット上のサイトの数々から、当サイトを見つけてお越しいただき有り難うございます。

『仏教マーケティング実践セミナー』のコンセプトは、

仏教の教えを実践中の、メンタルヘルス基礎カウンセラーの資格をもつWEBライター兼WEBマーケッターのコージリが
人間関係にストレスを抱え悩んでいる人や、起業初心者で今にも挫折しそうな人に向けて
仏教マーケティングで、その解決方法を解説するサイト!

です。

人間関係やビジネスにおいて、あなたが抱いている悩みを突破していくカンフル剤にして欲しい、という思いで立ち上げました。

また、冒頭の「有り難うございます!」というご挨拶は、仏教の教えが起源とされる「有り難い」という深遠な感謝の思いを力いっぱいイメージして発信しています。
※有り難うの言葉の詳細はこちらの記事で解説しています。

私はそもそも、この世には偶然というものはなく、あらゆるものに因縁があって、必然という因果で結びついているのではないかと考えています。

もちろん、それは仏教で教えてくれている「因果応報」の概念でもあります。
※因果応報の詳細はこちらの記事で解説しています。

なので改めて、あなたとの必然的な出会いに、心より感謝申し上げます。
「有り難うございます!」

 

仏教マーケティングとは!

あなたは『仏教マーケティング』と聞いて、どんなイメージをもたれたでしょうか?

仏教…?
胡散臭い…、暗い…、宗教はちょっとね…。
そもそも、マーケティングとどういう関係があるの…?

そして、

そもそも、うち仏教じゃありません、お寺より教会の方が好き~!

等々でしょうか?!

私はこれまで、WEBマーケティングを学び実践するかたわら、メンタルヘルスアドバイザーとして職場の人間関係改善のためのアドバイスを行ってきました。

また、私は宗教学者やお寺の住職ではありませんが、生まれながらにして聴覚障害をもって生を受けた一人息子のことがトリガーとなり、当然のことのように仏教の教えに深く興味関心をもつようになりました。

そして自分自身の信心として、かれこれ20年以上毎日のようにお寺に参詣し、その教えを学び実践してきました。

その上で感得したことは、前述した「因果応報」「有り難う」はもとより、「情けは人の為ならず」「袖触れ合うも他生の縁」等、日本人はDNAとして仏教に根差した心の文化や感じ方を、既に持っているということでした。

※情けは人の為ならず、袖触れ合うも他生の縁の詳細はこちらの記事で解説しています。

私が『仏教マーケティング』として、人間関係やビジネスを好転させるべくコンテンツを発信しようと思ったのは、今までの経験を通した様々なシーンに仏教の教えが見事なまでにシンクロし、半信半疑で実践していたことが確信に変わったことにほかなりません。

それは、人間関係でいえば「逆即是順」。
ビジネスでいえば「情けは人の為ならず」の教えのように…、です。

※逆縁即是順の詳細はこちらの記事で解説しています。

 

【如是我聞】メンターはかく語りき

仏教では、仏様の教えが書かれたいくつもの経典があります。
それは仏様の直筆ではなく、そのお弟子さんが仏様から聞いたことを、一言一句漏らすことなく口伝で伝承していき、後々の高僧によって書物となって残されたものです。

当時は書き残すというより、そのまま暗記して記憶の中でとどめるほか方法はなかったと聞いています。

まさに当時のお弟子さんたちは、

現在のAIに勝るとも劣らない頭脳をしていたんだろうな~!

と感嘆することしきりです。

この仏教経典の冒頭では、「如是我聞(にょぜがもん)」という文章から始まります。
如是我聞とは、

 

私は仏様からこう聞いた!教えてもらった!

という意味です。

実は、仏教マーケティングアドバイザーとしてこのサイトを運営している私にも、師匠といえるメンターが複数人います。

メンターからは、WEBマーケティング、ライティング、戦略、マインド等々、いろんなことを教えていただきました。

なので、私もビジネスコンテンツをテーマとして語る時は、「如是我聞」として発信していこうと思っています。

如是我聞:私はメンターからこのように聞いた、教えてもらった!

のように…。

当サイトで発信する「如是我聞」が、あなたの「なぜ」を解決できるようなものになれたら幸いです。

 

仏教マーケティングでの起死回生の捉え方

私は「起死回生」という言葉が好きでよく使っているのですが、このサイトのタイトルでも「起死回生☆仏教マーケティング実践セミナー」と謳っています。

起死回生は、生き返らせる、蘇生させるという意味があり、転じて直面した危機を一気に快方に向かせたり、勢いを盛り返すことをいいます。

野球に例えれば、ちょうど9回裏2アウト満塁時点で0:3で負けていて、最後になるかもしれないバッターがサヨナラ満塁ホームラン弾を放って勝ったような感覚そのものです!

21世紀は「心の時代」だと言われています。
「心」の持ちようによって、人は良いようにも悪いようにも、どうにでも変わります。
今の時代において仏教とは、人生を良く生きていくための「心の有り方を鍛える修行」だと思うのです。

だからこそ、仏教の教えを軸として実践していけば、磁石のように幸運を引き寄せ、人脈を引き寄せ、お金を引き寄せ、結果として人間関係もビジネスも好転するようになるのだと、私は信じています。

だからこそ、仏教の教えや考え方を人間関係やビジネスを好転させるためのマーケティング手法として捉え、どんなにどん底で土俵際であっても「起死回生の人生を実現」するための摩訶不思議なコンテンツを発信していこうと考えています。

 

ディズニーランドのように楽しめるテーマパークサイト

当サイトが目指すところは、仏教マーケティングを主題にしてディズニーランドのような夢や希望を提供するテーマパーク、という立ち位置での情報発信です。

仏教の教えをマーケティング手段として捉えた情報を展開することで、今を生きる仲間として、あなたと一緒に人生の壁を突破して、幸福な人生を送れるようになることを熱望しています。

「ぜひ、仏教マーケティングで人生の荒波を突破して生きましょう!」
「情熱をもって、あなたの輝かしい未来を切り開いて生きましょう!」

 

【浜田省吾:家路】あなたが望む「家路」に辿り着けることを願って

突然ですが、【浜田省吾】さんをご存知でしょうか?

サングラスをかけ、アコースティックギターを抱え、拳を上げて聴衆に激しく優しく語り掛けるように熱唱する彼の姿は、私の中では永遠のヒーローです!

私は学生時代から彼の曲を好み、励まされ、私自身も歌い続けてきました。

彼の代表曲の中に、『家路』という曲があります。
この歌は、くじけそうになったときに勇気や希望をもらった私の愛唱歌の一曲です(笑)!

この歌詞が意味するところの「家路」は、それぞれが望んでいる「希望」「自由」「平和」「未来」等々、それぞれの思いにたどり着くための家路だと私は思っています。
ですから、あなたがご自身の希望する「家路」に、無事にたどり着くことを心から願っています!

よろしければ「はじめまして」のご挨拶代わりにお聴き頂ければ幸いです。
それでは、また、本編でお会いしましょう!

スマイル‐ネットワーク代表 コージリ

『家路』 By浜田省吾