期間限定キャンペーン☆コロナ禍を生き抜く起業法

和顔施は顔で施す【無財のお布施】仏様も喜ぶその効果とは!

コージリ
有り難うございます!

仏教マーケティング・アドバイザーのコージリです。

先日友人のMさんに、あることで相談を受けました。

あることとはどんなことかというと、

Mさん
コージリさんは、仏教のことに詳しかったよね?!
実は今日職場の人から「Mさんは和顔施がいっぱいだね!」と言われたんだけど、それってどういうことなのかな…?!
という質問でした。

私は、

コージリ
なるほどね!
確かにMさんは和顔施がいっぱいだね!
と笑いながら答えて、そのわけを説明しました。

すると、

Mさん
特に意識してなかったけど、改めて考えると、やっぱり大事なことだよね!
Mさんは、うなずきながら嬉しそうにそう言うと、いつものように私に和顔施を返してくれました!

実は和顔施とは、仏教の教えで「他の人に笑顔を振りむける布施行」のことを言います。

もちろん、仏様も泣いて喜ぶ良い行いとしてです!

さらに、この和顔施を継続して実践することで、職場の人間関係を有利に導くことができるようにもなります。

そこで今回は、Mさんにお話した「和顔施」の詳細を、事例を交えながら解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

仏様も泣いて喜ぶ和顔施とは!

あなたは、和顔施という言葉をご存知だったでしょうか?!

あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、和顔施は知らず知らずのうちに私たちがやっている「笑顔」「笑い」を他人に振りむける行為のことをいいます。

まさに、浄財(資材)を投じることなく、自分の身をもって施す布施の修業です。

和顔施には人間関係を円満にしたり、私たちの健康にしたりという有り難い効果があるといわれています。

それでは、有り難い和顔施の秘密を、順を追って探っていきましょう!

和顔施の読み方を教えて!

和顔施は、「わがんせ」もしくは「わげんせ」と読みます。

でも特に、どちらが正しいということはありません。

実際に仏教の中でも、宗旨によってまちまちのようですが、私自身は親しみを込めて「わがんせ」と読んでいます。

和顔施意味とおもてなしの関係を解説!

和顔施とは、人に対する優しい言葉かけであったり、人に対してにっこりと微笑みながら話しかけるなど、「笑顔」や人に「笑いを振り向ける行為」そのものをいいます。

最近は、「笑顔のおもてなし」というコンセプトで、「和食の店・和顔施」「高齢者施設・和顔施」等、飲食店や介護施設などのネーミングに、よく使われているのを見かけるようになりました。

それだけに、「おもてなし」の国として仏教の教えを身近に感じて、共感して実践しているところに私自身親しみを感じています(笑)。

 

和顔施って、どんな修業?!

和顔施は仏教のお布施の一つで、文字通り「顔」を使って人に施す修業です。

まさに、「笑顔」だったり「人を笑わせる」ことです。

仏教では「布施行」という修業があります。

それは、法事や葬儀などでお坊さんにお包みする、あの「お布施」のことです。

 

和顔施は無財の七施の一つなり!

お布施は、金品を施すことだけがお布施ではありません。

実は仏教には『無財の七施(むざいのしちせ)』といって、お金をかけなくてもできる施しあります。

※無財の七施とは

1.眼施(げんせ)

 「やさしい眼差(まなざ)しで人に接すること」

 2.和顔施(わがんせ)

「やさしい微笑み、にこやかな笑顔で人に接すること」

3.言辞施(ごんじせ)

「やさしい言葉、思いやりを持った言葉で人に接すること」

 4.身施(しんせ)

「自分の身体でできることで奉仕するなど、身を持って思いやりを示すこと」

 5.心施(しんせ)

「他のために心をくばるなど、心を込めて思いやりを示すこと」

 6.床座施(しょうざせ)

「人に場所や席を快く譲ること」

 7.房舎施(ぼうじゃせ)

「宿泊や休憩の場所を快く提供すること」

このように智慧や財力がなくても、見返りを求めることなく善行を行うことで功徳を積むことができると教えてくれるのが、この『無財の七施』です。

上記で説明した上から2番目の教えが「和顔施(わがんせ)」です。

和顔施とは『こんな修業!』

仏教で教えられる和顔施とは「人に笑いをほどこす行為は、自他ともに功徳を得ることができる」という意味があります。

ですから、和顔施は人を見下すことなく、分け隔てなく一様に振舞えなくては意味がありません!

冒頭でご紹介したMさんは、まさにこれを体現してくれる人です。

なので、Mさんの周りにはいつも人が集まります。

私はこれまで、Mさんのことを誹謗中傷する人を見たことがありません!

スポンサーリンク

 

和顔施には人間関係を有利にする効果がある?!

ところで、和顔施を施すことができれば、どんな功徳があるのでしょうか?!

それでは、仏教的な側面とリアル現場での側面とから考えていきましょう。

仏教的の教えでいう和顔施の功徳とは!

あなたは、面白い人と怒りっぽい人とではどっちが好きですか…。
また、明るい人と暗い人ではどっちが好きですか…。

と聞かれて、どっちを選びますか?

よっぽどのへそ曲がりじゃない限り、「面白い人」「明るい人」を選ぶのではないでしょうか?!

人から微笑みかけたり、人の笑顔をみて、怒りが沸き起こってきたり、嫌悪感を抱くようことは通常では考えられません。

このように、和顔施を施すことができる人は、人から信頼され安心できる存在だと思います。

なので、和顔施の功徳は「他人や場を和ませ、自分自身も人から愛される人物になれる」ということだと私は考えています。

リアル現場での和顔施の功徳とは!

冒頭で、和顔施は職場の人間関係を有利に導くことができようにもなる、といいました。

なぜなら、和顔施は人を引き寄せ、その場の雰囲気を明るくし、笑いの提供者のみならず、笑う側へもエネルギーを満たしてくれるからです!

では、そのわけを探って行きましょう。

和顔施には周囲を笑顔にする伝染力がある

あなたは駅や買い物途中で、赤ちゃんと一緒の家族連れ(パパ・ママそして赤ちゃん)に出くわし、抱っこしている赤ちゃんがニッコリ笑うと、こっちまでつられて顔がほころんだ経験はありませんか…?!

そうです。
和顔施には、周囲を笑顔にする伝染力があるのです。

和顔施には引き寄せの効果がある

そして、笑顔のある場所には周囲の人が引き込まれ、引き寄せられるような『引き寄せの効果』もあります。

あなたも大いに盛り上がっている場所にでくわし、気づいたら自分も一緒になってはしゃいでいたという経験があるのではないでしょうか?

和顔施には会議の場を生産性の高いものにする効果がある

また、よく会議などの場では、眉間にしわを寄せて、暗く怒ったような表情で話を進めることがあります。

しかし、笑顔をベースにして会話を進めていると、不思議と明るくポジティブな生産性のある話題に発展して、企画やプジェクトが良い結果になることが多いという検証結果もあるようです。

周囲を笑顔にする伝染力、人を引き寄せる力、会議の場を生産性の高いものにする効果等々。

このような効果を発揮する和顔施は、人間関係を有利に導くカンフル剤と言っても、過言ではないのではないでしょうか!

 

和顔施で若く健康に!血圧や血糖値が下がった嘘のようなホントの話?!

「和顔施」即ち笑顔や笑いは、表情分析学的や免疫学的にも効果があるといわれています。

では、その効果のほどを探って行きましょう!

和顔施は人を若返らせる?!

表情分析学的に、人は笑顔になると実年齢よりも7、8歳くらい若く見えるといわれています。

それはどういうことかというと、人は重力の関係で年とともに筋肉や皮膚が下に向かって垂れ下がっていくので、笑うことによって筋肉や皮膚が上に引き戻さる分、表情が7、8歳若く見えるのだそうです!

なるほど言われてみれば、そんな気もしますね(笑)!

いかがでしょうか?

和顔施には病気の回復を高める効果がある?!

和顔施はさらに免疫学的にも、笑いは免疫力をたかめる効果があるようです。

ここに、面白い検証報告があるのでご紹介します。

ある施設で、糖尿病をもつ患者さんを2つのグループに分け、一方ではお医者さんの堅苦しい糖尿病の講義を、また一方では、吉本のお笑い芸人を招いて漫才をしてもらったそうです。

するとどうなったかというと、その後の血圧や血糖値をはかったら漫才を聞いて笑った後のほうが、圧倒的に血圧も正常に近く血糖値も下がった、という検証結果が出たというのです。

嘘のようなホントの話です!

まさに、

コージリ
和顔施の効果、恐るべしですね(笑)!

※笑顔を作るトレーニング方法はこちらの記事で解説しています!

スマイルトレーニング実践方法!誰でも簡単にできる笑顔の作り方

これだけメリットがあると、和顔施はやって損することはない「お得(徳)な施し」といっても過言ではなさそうですね(笑)!

 

あなたも和顔施の達人になりませんか?【人を笑わせる会話術のすすめ】

「笑うかどには福来る」ということわざがあります。

文字通り、笑顔や笑いには自他をも幸せにする不思議なパワーがあります。

 前項で和顔施の功徳、すなわち笑顔や笑いの効果を解説しました。

和顔施の功徳(効果)

・笑い、笑顔は伝染する

・笑い、笑顔は人をひきつけ、引き寄せる

・笑顔で笑いのある環境で話すと明るい話題になる

・笑顔は人を約7、8歳若くさせる

これらは、和顔施がもたらす功徳であり効果です。

そこで、私からご提案があります。

もしあなたが職場で、またコミュニティでの人間関係を円満にしたいとお考えなら、他人からの笑顔を求める前に、まずは自分から笑顔を振りまく『和顔施の達人』を目指してみませんか?!

なぜなら、『和顔施には人間関係を円満にするパワーがある』からです。

「一笑一若、一怒一老」といって「一度笑うとごとにひとつ若返り、一回腹を立てるごとにひとつ年老いる」という言い伝えもあります。

まさに、「和顔施は三文の得」です!

ぜひ「人間関係を円満にするお金のかからないコミュニケーションツール」として、和顔施を広げていきましょう! w(●^∀^●)w

※和顔施野達人になるための【人を笑わせる会話術】の詳細はこちらの記事で解説しています!

【人を笑わせる会話術】簡単にユーモアセンスを身につける方法!

 

他人を幸福にし、自分自身も幸福になる和顔施のすすめ! 

ここまで、仏教の教えで『無財の七施』の一つである和顔施について解説してきました。

和顔施まとめ

・和顔施とは、「やさしい微笑み、にこやかな笑顔で人に接すること」

 ・和顔施の効用として、周囲を笑顔にする伝染力がある!

 ・和顔施で、血圧や血糖値が下がった実例がある!

 ・和顔施には、人間関係を円満にするパワーがある!

ということでした。

そこで今回、和顔施をテーマにした無料レポートを、コージリのショップ内に掲載しました。

題して【あなたの人間関係を好転させる和顔施の秘密です!
※ショップといっても、レポートは無料です!

よろしければ、ぜひ一度お越しください!

最後までお読みいただき、有り難うございました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です