大阪のおばちゃんに学ぶ人間関係を突破する方法

メンタル
仏教マーケティング的こころ:人間関係編

思いのままに、ビジネスや人間関係に関する気づきや経験等を、徒然(つれづれ)に書き綴っていきます。名付けて「エッセー・仏教マーケティング的こころ」。

今回のテーマは、「頑張らない」

スポンサーリンク




したたかとおおらかさは表裏一体?!

前回、したたかなというか大らかな心を持つ、インド人のウェイターさんのお話をしました…。

>>>したたかなインド人の話はこちら<<<

したたかというか、許せる範囲のひろい、おおらかなインド人?!でも、日本人的に見ればこの人はあきらかに図太い人には違いない!

でも、考えようによっては図太くいくと、たいがいのことは負けませんよね。なぜなら、「図太い人」は負けたことに気づかないから…。

そうすると、周りのほうがイヤになって、何となく「図太い人」が勝ったようなカッコウになってしまうから不思議です。

そういえば、自分の周りで図太いというイメージの人、どっかにいたなあ…。「そうそう!」大阪のおばちゃんが実証済みでした~(あくまでも親愛の意味を込めて)。

頑張らないで図太くそして笑顔で人間関係を築く

私自身は見かけによらず、どちらかというと図太くはない方、だと自己分析しています。でも、人前でも臆せず話したり、積極的に意見を述べたりする分には見方によっては、図太いのかもしれません?

目立ちガリ屋であることは確かですが…(汗)。さらに「優しい笑顔」というか、「つくり笑顔」は超得意です(笑)。そこで、あなたにご提案です。

「図太い神経」と「優しい笑顔」(作り笑顔可)

これを武器に、毎日のコミュニケーションを取り組んでみてはいかがでしょうか?!

図太くと、優しくは対極のような気もしますが、シンクロしてとんでもない効果を発揮しそうな予感がします!

とにかく、我慢せず頑張らないで図太くいきましょう。負けたらだめですよ~!

それでも、ついつい頑張ってしまうあなたに、ダイレクト出版の小川さんが頑張るのをやめると上手くいく、成功する!という画期的なレポートを一冊の本にしてくれています。

私の今日の提案に、案外フィットする内容かもしれません。よかったら、手に取って読んでみてください。

なぜ頑張らなくても上手くいき、成功できるのか…。
そのカラクリは心理学史上画期的な発明と評された、あの法則に隠されていたのです!
>>自分を不幸にしない13の習慣<<

スポンサーリンク




コメント