コロナに負けない方法☆加藤将太氏メルマガ

プロ意識の高い人だけが知っているその醸成方法とは!

コージリ
有り難うございます!
仏教マーケティング・アドバイザーのコージリです。

あなたはプロ意識をもってビジネスに取り組んでいますか?

もしもあなたが、自分はプロだという意識を持つことなくビジネスに取り組んでいるとしたら、あなたがビジネスで成功することは、ほぼ100%ないといっても過言ではありません…。

それはなぜか!

そこで【今回の如是我聞】は、
「プロ意識とは何か」「なぜプロ意識を持つことが大事なのか」を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




プロ意識とは

プロ意識とは、『常に最高の結果が出せるように日々の努力を欠かさない意識』と表現することができます。

そもそもプロとアマチュアとの違いは、その業種の専門家として従事しているか否かです。

そして専門家としての対価として報酬をもらっているか否かということになります。

なので、プロ意識とは四六時中、専門分野に没頭するくらい真剣な姿勢で取り組むこと、覚悟をもって取り組むことだといっても過言ではないでしょう!

 

ビジネスにおけるプロ意識とは

プロ野球選手であれば最高のパフォーマンスを試合で発揮するようなことを意識してプレーするでしょう。

またプロの俳優であれば、映画や舞台で最高の演技を見せることに心血を注ぐことでしょう。

だとした、ビジネスのプロはどんな意識でとりくんだらいいと思いますか?

ビジネスはお客様に価値を提供し、その対価としてお金を頂くことになります。

価値を提供することなく、無理やり搾取するようなことがあったら、詐欺だといわれても仕方ありません!

なので、ビジネスにおけるプロ意識とは、お客様の求める基準以上の価値を提供することにほかなりません。

対価以上の付加価値を付けてお客様に喜んでもらう!』


これがビジネスにおける本当のプロ意識なのではないでしょうか?!

スポンサーリンク




プロ意識の高い人だけが知っているその醸成方法とは

それでは、プロ意識を持てるような意識を高める方法はあるのでしょうか?

以下に、プロ意識の高い成功者に共通している「プロ意識の醸成法」を3つ挙げてみたいと思います。

初心者であるという甘えは捨てる!
当然最初は全員が初心者です。
でも初心者のままだと成長は止まってしまいます。
プロ意識を持つことで自分自身に対する甘えをなくしてしまいましょう!
達成可能な明確な目標を持つ!
目標がないと前進する活力がなくなります。
そして自己分析ができていないということにもなります。
目標は高く掲げ、ゴールまでの道のりを明確にすることが大切です。
専門分野のプロを目指すという覚悟を決める!
覚悟を決めて物事に取り組めば成長スピードに圧倒的な差が生まれます。
一番効果的なのは「有言実行」です。
あなた以外の人に「決意表明」し、不退転の覚悟で取り組みましょう!

上記の3点を意識することで、プロ意識を高め醸成することができるはずです。

 

プロ意識をもてばビジネスで必ず成功できるのか?!

ここまでプロ意識の意味やビジネスとしてのプロ意識を持つこと大事を解説してきました。

では、プロ意識を持てはビジネスで必ず成功できるのでしょうか?

大事なことは、自分に対して「言い訳」をせず自分は「プロだ」という自覚を持つということです。

初心者意識では稼ぐことは困難です。

失敗を繰り返しながら、試行錯誤しながら 一つづつ物事は進歩していきます。

失敗することは決して回り道ではありません!

失敗を遠ざけて、何事もない方、無難な方、安全な方へと逃げていくこと自体が回り道になるのではないのでしょうか?!

世の中には相対する物が必ずあります。

太陽があれば月があり、暑さがあれば寒さがあり、愛があれば憎しみがあり…等々。

どちらか一方しかなければ、今より、半分しか楽しみのない世界になるのではないのでしょうか…?

『失敗するからこそ、成功できる!』
『失敗するからこそ、成功できる!』
『失敗するからこそ、成功できる!』

 

しかし、かの発明王エジソンは「この世に失敗という文字は存在しない!と言いました。

エジソン
私は今まで失敗をしたことがない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ!

と。

なので、エジソンの言うように、
『うまくいかない1万通りの方法を経験するからこそ成功できる!』

こういう信念でプロ意識をもってビジネスに取り組めばきっと、あなた自身の「成功」を感得する日が来るのではないかと考えます。

いかがでしょうか?!

プロ意識の醸成法
「甘えは捨てる」
「明確な目標を持つ」
「覚悟を決める」
 

あなたもビジネスを成功に導くために、プロ意識をもって前進していきませんか!

最後までお読みいただき、有り難うございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です