ビジネスで信頼関係を一瞬で築き集客を有利にする7つの武器

集客

「商品には自信があるのに売り上げがイマイチ…。」
「広告は出しているのに、集客が思うようにできない…。」
「サイトをアップしていて、そこそこアクセスがあるのに問い合わせが全く来ない…。」
等。

ビジネス上の集客で悩んでいませんか?

ビジネスを継続していく過程において、壁になるものに「集客」があります。
一時的に、集客がうまくいって売り上げがたったとしても、すぐに急降下するということも現実としてありうる現象です。

その原因がなんだと思いますか?
ズバリそれは、お客様とあなたとの「信頼関係」に起因していることが考えらます。

人間関係でもそうですが、「信頼関係」というものは一朝一夕に構築されるものではありませんよね。
ビジネスにおいても、それは同じです。

そこで、今回は「ビジネスにおける信頼関係を上手に勝ち取る方法」というテーマで、初めてのお客様でも、信頼を勝ち取る方法を7パターンご紹介します。

スポンサーリンク




お客様声はあなた自身や商品・サービスの良さを代弁してくれる

ネット上でよく、「お客様の声」を掲載しているサイトを目にします。
「お客様の声」は、あなた自身や商品・サービスの良さを代弁してくれる効果があります。

なぜなら、あなたを既に信頼してその商品やサービスを利用した人達の経験や評価が公表されているからです。
当然のことながら、「お客様の声」には良い評価をしてくれているお客様からのコメントが必要になってきます。

なので、ただ商品やサービスを提供するのではなく、品質向上や今後の参考にするという名目で常日頃からアンケートや顧客からの感想をもらう工夫をすることが大切です。

インフルエンサーからの推薦をもらってインパクトを与えよう

知り合いに専門家や有名人がいれば、その人から推薦をもらうこともインパクトがあってかなり有効です。

もし知り合いにいなくても、メールや手紙でアプローチするという方法もあります。
ダメもとで商品と情熱的なメッセージを書いてアプローチして、推薦状を書いてもらったという人も実際にいるのです。
ぜひ運試しに、あなたの想いと情熱を形にする意味でも、チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

ビフォー・アフターを公開して【見える化】を展開しよう

これは「使用前⇔使用後」のように、比較することで視覚的に効果を実証することができます。
変化した過程を撮影した写真、動画などが用意できれば、よりインパクトが増すので信頼度もアップすることになります。

スポンサーリンク




 

 

 

たとえ小さな実績でも大きく見える演出を工夫しよう

毎日ではなくてもいいので、開店初日に行列ができた時の様子や、年間何千個~何万個売れた、〇〇大賞を受賞した等々。画像や数字であなたの商品やサービスでの実績を示

して見せることも有効です。

小さな一番でも良いので、見た人が「へー!」とか「そう~!」と思ってもらえるような演出を考えてみましょう!

要は、見せ方(魅せ方)を工夫するということです!

積極的にメディアにアプローチしてその事実を公開しよう

「あのTV番組○○に出演しました!」または「〇〇社から取材をうけました!」等、メディアから紹介されたことをPRすることもあなたのイメージアップにつながります。

インフルエンサーからの推薦でも書いたように、これも待ちの姿勢ではなく、積極的にメディアへアプローチしてみることをおススメします。
事実として、メディアもネタを探していることが往々にしてあるものなのです!

保証はお客様を安心させ商品やサービスに対する自信の裏付けになる

これは、「成果が出なかったら全額返金します!」というような保証です。
お客様にしてみれば、あなたの商品やサービスを購入しても、損することがないという保険にもなります。

もっと言えば、提供している商品やサービスへの、あなたの自信の表れにつながります!

クレームへの真摯な対応はピンチをチャンスに変える

問い合わせやクレームは別の意味で「お客様の声」です。
たとえそれが、あなたの商品やサービスに対する不満や叱責だったとしても、真摯に受け止め、まずは感謝の気持ちで対応するようにしましょう!

問い合わせやクレーム対応には「初動が大事」です。
迅速な対応は顧客の信頼を勝ち取り、悪い印象を逆転させるチャンスでもあるからです。

まさに「ピンチはチャンス」なのです!

クレーマーも対応次第ではあなたの大ファンになってくれる可能性だってあります。
仏教でも「逆即是順」といって、敵だった人がかえってあなたの味方になることがあることを示唆してくれいます。
※逆即是順は摩訶不思議な人間関係での仏縁の証し

素直、正直、誠実な対応こそ、信頼を勝ち取る王道なのかもしれませんね!

ことろで、
先日、ある知り合いの葬儀の参列して、ビジネスにおける信頼関係を考える機会がありました。
葬儀の席で、いささか不謹慎ではあるのですが、仏教とマーケティングをいつも考えている私ならではの気づきかもしれません…。

今回の記事にも直結する内容だと思うので、ぜひチェックしてみてください!
※葬儀に思うビジネスでの信頼関係と集客

ではでは。

コメント