期間限定キャンペーン☆コロナ禍を生き抜く起業法

【Windows 10】Bluetoothが突然消え無効になった時の有効化の対処法を解説!

コージリ
有り難うございます!
仏教マーケティング・アドバイザーのコージリです。

ある日の、連休前夜の出来事。

寝る前にBluetoothヘッドセットで音楽でも聴こうと、Bluetoothに接続しようと設定の画面を開くと、接続画面がグレーに染まった画面が表示されていました…。

そこには、「bluetoothが無効です」の文字が書かれていました。

ありゃ?!

有効にしようにも、「bluetoothが無効です」の画面はグレー色に染まり、フリーズしてクリックさえできない!

なので、押したいけど「接続」のボタンが押せません!

なんかの不具合があったのかもと思い、まずは「Bluetooth 有効化できない」「Bluetooth 消えた」などのキーワードで出てくるサイトをリサーチしまくりました。

私が試みたのは下記の9通りの対処法ですが、自分なりの結論を出すまでに睡眠時間も入れて丸々1日半かかりました…(泣)。

読者の反応を恐れずに言うと…、

結果としては、元来PC内蔵型のbluetoothディバイスだったが「原因が何かはわからないが破損してしまったのだろう」という結論に至った次第です。

今回は、私はダメでも私が試した対処法で解決できる人は必ずいると考え、それなりの価値の提供はできるとの思いで「備忘録」として記事を書くことにしました。

なので、読者の皆さんに置かれては、あきらめることなく下記に掲げる対処法を試してみられることをぜひおススメします!

スポンサーリンク




Bluetoothディバイスを有効化するためにやった9つのこと

冒頭でも言ったように、私がやったことは下記の対処法です。

もしあなたが下記の対処法をやってみて解決できなかったら、bluetoothディバイス自体に問題があると判断することの指標になることでしょう!

それでは、私がBluetoothディバイスの復活に向けやったことを下記に掲げます。

パソコンを再起動した

PCでのたいていの不具合は、この再起動によって解消されるものです。

なので、まず再起動するところから始めました。

設定が機内モードになっていないか確認した

飛行機に乗っている以外はこのモードにすることはないのでしょうが、ふとしたはずみということもあります。

なので、念のため検証してみました。

確認方法は、PC下のタスクバーの右側端っこ「吹き出し」のようなマークをクリックします。

そこにでてくる、いくつかのタイルで「飛行機」の絵のあるものをクリック。

そこがグレーになっていたらオフになっているのでOKですが、青になっていたら機内モードになっているということになります。

これは、設定」→「ネットワークとインターネット」→機内モード→「オンorオフ」からでも確認できます。

私のPCは、もちろん「オフ」でした。

トラブルシューティングツールで検証をしてみた

どのサイトもおススメしているのが、このトラブルシューティングツールでの検証です。

これは、

手順
「設定」→「更新とセキュリティ」→「トラブルシューティング」→「追加のトラブルシューティング」→「その他の問題の検出と解決」→「Bluetooth」→「トラブルシューティングの実行
から検証できます。

*「設定」はwindowsロゴをクリックして出てくる「歯車」のデザインマークのこと。

PCが自動的に判断し、問題があったら検出して解決策をだしてくれます。

ちなみに私のPCでは「Bluetoothデバイスが搭載されていません」というメッセージが表示されました。

さらに

「Bluetoothは、このデバイスでは使用できません。外部アダプターを使用してこのコンピュータにBluetoothの機能を追加してください。」
トラブルシューティングの実行

という、ご丁寧なご指示をいただきました…(笑)。

おススメの完全シャットダウンを試してみた!

これは統計的に多かった解消方法なので、あなたのお悩みは、この段階で解決することが出来るかもしれません!?

それは、あなたのPCだけが知っている…。

「完全シャットダウン」は、普通のシャットダウンとどう違うかというと、通常のシャットダウンはPCの周辺機器などに、通電をしたままの状態で終了している状態を言います。

それに対して、完全シャットダウンは、周辺機器などを含めて完全に電源を落としている状態です。

ちなみに、windows 7 以前はこの完全シャットダウンのこと自体が、シャットダウンだったようです。

では、完全シャットダウンのやり方を説明します。

これは「shiftキー」を押しながらやるのがポイントです。

手順
「shiftキー」を押しながら、windowsのロゴのをクリック。→「shiftキー」を押しながら電源ボタンをクリック。→さらに「shiftキー」を押しながら、ポップアップした中の「シャットダウン」をクリック。
これで、シャットダウンが始まります。

シャットダウンダウンが終わったら、一呼吸おいてPCを起動させましょう!

この状態でBluetoothディバイスが機能して、「有効化」できたら晴れて問題解消ですが、あなたのPCはどうでしょうか?!

私のPCでは、いうまでもなくNGでしたが…(泣)。

高速スタートアップを無効にする

「高速スタートアップ」機能は、PCを早く起動するための機能で、windows8から導入されました。

この高速スタートアップ機能は、シャットダウンした段階でディバイスドライバーの状態をしっかりと覚えているようです。

なので、PCを起動するときにドライバの初期化とロードを省略することができ、PCを高速で起動するというものです。

この、高速スタートアップ機能は「完全シャットダウン」と大いに関連があります。

なぜなら、今回のBluetoothディバイスの不具合のように、ドライバーが読み直されないので再起動後も状況がよくならないという事象が起こるからです。

なので、完全シャットダウンでBluetoothディバイスの不具合が解消されたら、再発防止策としてこの高速スタートアップ機能を「無効」にすることをおススメします。

では、高速スタートアップ機能を「無効」にする方法を説明します。

まず、

手順
windowsのロゴのをクリック。→左画面に現れる数々のメニューから「Windowsシステムツール」を探してクリック→「コントロールパネル」をクリック。→この時出てくる検索窓に「電源」と入力して検索→「電源オプション」をクリック。→「電源ボタンの動作の選択」をクリック。→「シャットダウンの設定」のところのチェックマークで「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す。」→「変更の保存」クリックして画面を閉じる。
以上です。

スポンサーリンク




windows updateを実施してみた!

どのサイトでもおススメしていた、上記の「完全シャットダウン」でも私の場合は解決しませんでした。

次にやったのは、windows updateの実施です。

これは最新のものになっていれば、やる必要はないというより、できません…。

しかし、windows updateの更新ができれば元通りに戻る可能性が高いということをプッシュしてるサイトもあり、まずは確認してやってみることにしました。

手順
手順は「設定」→「更新とセキュリティ」→「windows update」→ここで更新がある場合は「ダウンロード」します。→ダウンロードが終わったら自動的にインストールが行われます。→インストールが完了したら、再起動するか否か聞いてきますので再起動します。

これでどうなったかというと、そもそもグレーに染まった「bluetoothが無効です」の表記がなくなりました…。

なので、

手順
新たにBluetoothを有効化するために「設定」→「デバイス」→「Bluetoothとその他のデバイス」→「Bluetoothとその他のデバイスを追加する」とそれぞれクリックして「Bluetooth」をクリックしました。
すると…、

「このwindowsデバイスでは、Bluetoothを有効にしてください。」という警告メッセージ表示されました。

それ以上先にすすめないので、これでは解決できません…。

windows updateを前のバージョンに戻した

そこで、またwindows updateを前のバージョンに戻しました。

すると当然にように、グレーにブロックされた「bluetoothが無効です」の表示は復活しました。

要するに、不具合発見の状態に戻ったということです。

デバイスマネージャーからBluetoothを探した

そこで、素朴な疑問…。

そもそもPCにBluetoothは入っているのか…。

それを確認するために、デバイスマネージャーからBluetoothを見つけることにしました。

手順
windowsのロゴのをクリック。→左画面に現れる数々のメニューから「Windowsシステムツール」を探してクリック→「コントロールパネル」をクリック。→遷移した画面から「デバイスマネージャー」を探してクリック。
*このとき、ウィンドウ右上の表示方法が「カテゴリ」だとデバイスマネージャーが表示されないので、「大きいアイコン」をクリックして変更します。
すると、いろんな周辺機器のぶら下がりが出てきます。

Bluetoothが入っていたらBluetoothのマークとBluetoothの表記が出てくるはずですが、私のPCでは出てきません。

ただし、Bluetoothが表示されない場合は「表示」→「非表示のデバイスの表示」で確認表示させることができます。

私のPCでは「非表示」の状態で「Bluetooth」が確認されました。

『Bluetoothを右クリックして「ドライバーの更新」を選択してドライバーの更新があるかどうか確かめてみましょう。

更新がある場合は自動でインストールされるので、インストールが完了したらパソコンを再起動しましょう。』 

と説明してるサイトがあったので、その通りにやって、PCを再起動してみました。

でも、Bluetoothドライバは認識されませんでした。

Bluetoothのドライバーを再インストールした

この段階で、私はリサーチと試行錯誤でかなりの時間を費やしていました…。

最後の手段と思い、自分のPCの公式サイトに行って最新のBluetoothのドライバーをダウンロードし、インストールしてみました。

そして、前述の「完全にシャットダウン」をしてPCを立ち上げ、「設定」→「デバイス」→「Bluetoothとその他のデバイス」→「Bluetoothとその他のデバイスを追加する」とそれぞれクリックして「Bluetooth」をクリッすると…。

やっぱり、変化なし…!

ゲームオーバー、Bluetooth デバイスに異常あり!

ここまで復旧にむけて、前述のような対処を時間をかけてやってきました。

そこで、私が出した結論はこれです。

トラブルシューティングツールで検証して、PCが判断し提案があったように、

コージリ
「外部アダプターを使用してこのコンピュータにBluetoothの機能を追加する」しかないかな…、です。

結局現状は変わらずですが、有線か無線かの違いなので、今はPCでのBluetooth使用はしばらく封印し当分は、最近発見した未開封の「有線のヘッドセット」で普通に聞くようにしました~(笑)。

ただスマホのBluetoothには、しっかりとペアリングされているので、運動やウォーキングをするとき、外出するときはBluetoothステレオヘッドセットを使い、自宅では有線のヘッドセットを使うことにしています。

所有のBluetoothヘッドセットがエレコム製品なので、単純に互換性もあるだろうと考え、近日中に外付けのBluetoothアダプタを購入予定です(笑)!

手ごろな値段で、まずはこれを購入して試してみようと思っています!

今回、「Bluetooth 有効化できない」「Bluetooth 消えた」「windows Bluetooth 使えない 対処法」などのキーワードで、いろんなサイトやコミュニティのQ&Aの書きこみがでてくように、自分と同じ事象で悩んでいる人が多いということにも気づきました。

今回はBluetoothディバイスが消えた状態を解決するには至りませんでした。

しかし、経験としてかなりの時間を費やした分、同じ悩みを持つ人への、それなりの価値の提供ができるのではと考え、「備忘録」として記事をアップしたしだいです。

 

追記
ある意味、危険かもと思ったが、別のサイトで「BIOSの初期化で解決!」と書いていたので、物は試しとやってみた。

でも、解決しなかった~残念。

 

最後までお読みいただき有り難うございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です